口周りの赤みにお悩みの方へ

■口周りの赤みの原因と対策

 

口周りが赤くなってしまう原因としては、アレルギーやアトピーなど先天的なものを除くと、基礎化粧品が合わなかったり、乾燥によるものの場合が多いです。

 

アレルギーやアトピーの場合は病院を受診することが一番ですが、基礎化粧品が合わないのであればそれを変え、さらに、乾燥であれば乾燥肌用の基礎化粧品を使って保湿を積極的に行うようにするとよいでしょう。

 

肌が潤ってくると、肌を外部の刺激から守るバリア機能が高まり、赤みが改善します。

 

■口周りの赤み|どんな基礎化粧品を使うのが良いか?

 

赤みがあるということは、肌が乾燥し、刺激を受けやすい状態になっていることが考えられます。

 

敏感肌でも使える基礎化粧品、そして、水分をしっかり肌の奥に届ける、浸透力が高い基礎化粧品を選びましょう。

 

以下のページに、口周りが赤い方でも潤い肌に変える基礎化粧品をランキング形式でご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 

口周りの赤みを改善したい方へ

 

その際におすすめなのが、乾燥している肌に最適な基礎化粧品で、それらは潤いをキープしてくれる特徴があるので、肌の乾きが気になる人に向いています。このように、原因が分かれば対策も取りやすいものですが、口周りの赤みは原因が一つではなく複数あるケースも考えられます。自宅で赤みを治したいと思っているのであれば、基礎化粧品に重点を置いてみるというのも一つの方法です。症状に合わせて、最適な基礎化粧品を選ぶようにしましょう。