あごのカサカサに効く化粧水

■顎や口周りの乾燥トラブル

 

顎の肌のトラブルを抱えている人は案外と多いですよね。

 

他の部分は問題ないのに顎だけ調子が良くないという人もたくさんいます。

 

また、カサカサしているのに、ニキビも一緒にできるという症状も多く聞かれます。何故特に顎だけそのような症状を引き起こすのでしょうか。

 

まず、カサカサしているのにニキビができるというのは、混合肌もしくはインナードライの可能性があります。

 

■やっかいな顎のインナードライ肌

 

インナードライ肌というのは、肌の内側がカラカラに乾いている状態の肌の事。

 

原因は主に肌内部のセラミドという成分が減ってしまったことにあります。

 

セラミドは、角質層間脂質と呼ばれ、角質層のキメを整えるのに必要な成分ですが、この保湿成分が減ることで、肌内部の水分が蒸発しやすくなり、カラカラに乾いてしまうのです。

 

【関連記事】

セラミドの役割とは?口周りの乾燥肌を改善する化粧水ベスト3など

 

■顎や口周りの乾燥対策とは

 

まずはセラミドを肌内部に増やしてあげることが大切です。

 

セラミドが配合されている基礎化粧品が効果があるのはもちろんですが、そのセラミドがナノかされ、浸透しやすい形になっていると、よりインナードライを改善する効果がありますので、ナノセラミドが入ったものが効果的です。

 

顎はそもそも乾燥しやすい場所ですので、化粧水を2度づけするなどして、保湿効果を高めてください。

 

【関連記事】

顎のカサカサを改善するステップとは?人気基礎化粧品など

 

 

 

 

 

インナードライとは本当は肌は乾燥しているのに表面は皮脂の分泌が多くニキビなどが出来る症状です。混合肌と似ていますが、混合肌の場合は、肌の表面にオイリーな部分と乾燥している部分があることです。表面に皮脂が多い人は実は肌は乾燥している人が多いです。肌は乾燥すればするほど、潤おうとして皮脂を分泌するのです。肌が分泌できるのは皮脂だけなのでこのような症状になってしまいます。顎に特に症状が出やすい理由ですが、ケアを怠りやすい部分であるということがあげられます。顔を洗ったりスキンケアをする際にデコボコしているので上手に洗えなかったり忘れがちになってしまうからです。また、なんとなく手で触ってしまうという人も多いと思います。手には雑菌が沢山ついているので汚い手で触ることによりニキビになったり炎症を起こすと考えられます。このような症状の場合、インナードライを治す必要があります。インナードライにお勧めなのがセラミド配合の基礎化粧品です。セラミドが肌の奥まで浸透し潤ってくれます。そして、肌のバリア機能を人工的に作ってくれますので水分を外に逃がしません。インナードライが治れば自然とニキビもなくなるはずです。