鼻の下の皮むけにお悩みの方へ

■冬に気になる皮むけの悩み

 

冬になると気になるのが鼻の下の皮むけです。

 

産毛を剃ったり鼻をかんだりと強い刺激を与えやすい場所なので風邪をひいたりすると皮がむけて痛くてたまらないという人もいるのではないでしょうか。

 

■どんな対策が必要?

 

また、常に鼻の下が荒れてしまっている人は、敏感肌になってしまっていて、ちょっとした刺激にも弱くなっていることが多いのです。

 

このような慢性的な敏感肌を治すためには肌のバリア機能を修復してあげる必要があります。

 

バリア機能を修復できる基礎化粧品はコチラ

 

■肌のバリア機能|その仕組みとは?

 

肌には本来2重のバリア機能が備わっていて、そのバリアのために肌から水分を逃げにくくし、肌の外の雑菌や紫外線、ハウスダストなど有害物質から守っています。1重目のバリアは皮脂です。

 

そして2重目のバリアは肌の一番上の角質です。

 

角質の中にはセラミドという物質が沢山含まれていて、このセラミドが肌を保水したりバリアを作るのに貢献しています。

 

この皮脂やセラミドは、肌をこすったり強い洗剤で洗ったりすることにより刺激を受け壊れてしまいます。そのため鼻の下の皮むけがなかなか治らないなどの症状をおこします。

 

■セラミドの補給が大事

 

壊れた皮脂やセラミドを補うには、基礎化粧品でセラミドを含む保湿の高いものを選び、肌を保湿し、人口のバリア機能を作ってあげる必要があります。

 

皮が剥けているということは、肌が刺激を受けやすい状態になっていますので、敏感肌向けの低刺激基礎化粧品を使うとよいでしょう。

 

皮むけ症状を緩和する基礎化粧品|バリア機能を高める