口周りで化粧水が痛く感じる方へ

■化粧水をつけると口周りが痛い

 

日々のスキンケアで化粧水をつけると口周りにしみて痛いと感じることはありませんか。

 

その他にも、熱いお風呂に入ったり、洗顔、シャンプーが流れてくると荒れた口周りが痛くなったりすること経験があるでしょう。口周りが痛いのは炎症を起こしている状態なので、早めに対処しないと敏感肌になってもっと治りづらくなってしまいます。

 

■痛みを感じる原因

 

痛みを感じる原因は乾燥です。皮膚が薄く、皮膚線がない唇は乾燥しやすい部分です。

 

生活習慣や、季節の変化、ホルモンバランスの乱れなどの原因から乾燥を引き起こし、保湿バランスが崩れてしまいます。その結果、乾燥状態から痛みを伴ったり、赤みが出るなどの肌トラブルを発症するのです。

 

本来、肌の内部には細胞のすき間に保湿成分のセラミドが存在しており水分量を維持してくれています。

 

そのセラミドが減少することで水分量が低下するのはもちろん、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが機能しなくなったり、外部の刺激からお肌を守るバリア機能も壊れていき乾燥したお肌に雑菌が侵入し炎症を起こし痛みが出るのです。

 

■口周りの肌トラブルを改善したい方へ

 

口周りの痛みなどの肌トラブルを改善するには、お肌の保湿バランスであるセラミドを補ってあげることです。

 

失われた角質間のセラミドは、浸透力の高いセラミドが配合された基礎化粧品で補うことができます。また、炎症を起こしたデリケートな肌でも優しく浸透できるのが、肌自体にあるセラミドに近いとされる「ヒト型ナノセラミド」です。

 

セラミドで肌を強くしたい方へ|オススメ基礎化粧品はコチラ