5月に口周りがカサカサになってお困りの方へ

■5月の肌状態

 

寒さも一段落して暖かい日が増えてくる5月。

 

でも、肌にはトラブルを起こす要因が盛りだくさんなのです。5月の肌状態は、まだまだ冬の乾燥から肌機能が回復していない状態にあります。

 

目の周りや口周りがカサカサしてしまう人が増えてくるのもこの時期です。

 

目の周りや口周りは、動きが加わる場所なので乾燥を感じやすく、ひどくなると粉を吹いたようになってしまうこともあります。

 

■5月の口周りのカサカサの原因

 

・紫外線の急増
5月になると、紫外線A波は真夏と同等の量降りそそぎ始めます。冬の乾燥から肌機能が回復していない状態なので、紫外線の刺激が肌内部に侵入し、水分量の低下を促進してしまいます。

 

・花粉の飛散
春先の花粉の代表、スギやヒノキの花粉の飛散が継続しているのに加えて、イネ科の花粉の飛散が増えるのが5月です。花粉が肌に付着すると、アレルギー反応を起こしカサカサの原因になってしまいます。

 

・精神的ストレス
環境の変化の多い春先、5月病にも代表されるように5月は精神的ストレスがピークに達しやすい時期です。ストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れてしまうため、肌のターンオーバーが乱れ、バリア機能、水分量の低下が起こります。

 

■5月のカサカサ対策

 

本格的な暑さが始まる前に、肌機能を回復させるお手入れを最優先で行いましょう。肌機能を回復させるには、食事や生活習慣などの内的なケアと、スキンケアの外的なケア、両面を意識します。

 

スキンケアでは、肌機能を回復させるためにも、セラミド配合の化粧品を選んで使うと、口周りの乾燥が早く治っていきますよ。

 

5月に口周りが乾燥する方へ|バリア機能を高める基礎化粧品はコチラ