季節の変わり目に口周りの肌荒れにお困りの方へ

■季節の変わり目は角質肥厚に注意!

 

肌が健康な状態であれば、ターンオーバーによって新しい肌がどんどん作られていきます。年齢によっても多少のズレはありますが、肌のターンオーバーの周期は約28日です。

 

古い角質が垢として剥がれ、下から新しい肌が生まれます。このターンオーバーの過程で、ヒアルロン酸やNMF、セラミドなどの天然保湿因子が作られ、肌を乾燥と外部刺激から守っているのです。

 

季節の変わり目には、気候やホルモンバランスの乱れなどからターンオーバーの周期が乱されやすくなります。

 

ターンオーバーの周期が遅れてしまうと、剥がれるべき角質が肌表面に蓄積されていき、角質肥厚を起こしてしまうのです。

 

肌の奥まで浸透しターンオーバー周期を整える化粧水はコチラ

 

■角質肥厚が起こるとどうなる?

 

剥がれるべき角質が溜まってしまうと、肌のゴワゴワやくすみの原因になります。肥厚している皮膚は、水分を持っていませんので、見た目のキメの乱れや乾燥も感じるようになります。

 

特に、口周りは角質肥厚が起こりやすいため、触ったときや喋るときに肌がゴワゴワしているのを感じることもあるでしょう。

 

肥厚した角質が毛穴を詰まらせると、吹き出物の原因にもなるため、さまざまな肌荒れを実感するようになります。

 

■肌を柔らかくするお手入れを

 

肌がゴワゴワしていると感じるときは、肌表面を柔らかくするお手入れを心がけましょう。肥厚してしまっている角質を無理なく剥がさなければなりません。

 

まずは、肌にしっかり水分を与えて肌表面の角質をふやかしましょう。

 

ふやけた角質は無理なく剥がれていけるようになるため、肌トラブルを起こさずに肥厚した角質を取り除けるようになります。

 

肌を柔らかくし肌荒れを改善する化粧水ランキング