口周りの色素沈着にお悩みの方へ

■肌がくすんで見える原因は?

 

口周りが他の場所と比べて茶色や黒く感じることはありませんか?

 

これは、口周りの皮膚が色素沈着してしまっていることが原因です。『色素沈着=シミ』というイメージを持っている人が多いと思いますが、シミは部分的な色素沈着です。

 

広範囲に色素沈着を起こすと、黒ずみのように見えてしまいます。

 

肌のくすみはこの色素沈着によるものなので、肌が茶色く見えたり黒ずんだりしている場合は、色素沈着を改善するお手入れをしなければなりません。

 

■くすみの原因は老化角質の蓄積によるもの

 

古くなっている角質は、水分を保つことが出来ないので、透明感を失ってしまいます。

 

口周りの色素沈着は、老化角質によるものがほとんどですので、老化角質を速やかに排除するお手入れを開始しましょう。

 

肌のターンオーバーを整え、老化角質を取り除くには、単に溜まっているものを取れば良いというわけではありません。

 

老化角質を剥がすことも大切ですが、肌の内側保湿バランスが正常でない限り、角質肥厚を繰り返してしまうことになるのです。

 

■角質肥厚を繰り返さず透明感のある肌に

 

肌の透明感は、水分量がカギになっています。肌に水分がしっかりあると、ターンオーバーが正常に行われるため、老化角質による色素沈着が起こりません。

 

肌内部の保湿バランスを整えられるお手入れをしていきましょう。そのためには、肌の水分保持力を高めなければなりません。

 

日々のお手入れにヒアルロン酸やセラミドなどの水分保持力を高めるアイテムを投入して内側の保湿バランスを整えましょう。

 

肌の保湿バランスを整える基礎化粧品はコチラ