口周りの乾燥が激しい方へ

■保湿が足りない?化粧水つけてもすぐ乾燥する原因

 

化粧水つけてもすぐ乾燥してしまうという状態は、肌の保水力が落ちていることが原因です。特に口周りはこの状態を感じる人が多いです。

 

化粧水はただつければ良いというものではありません。

 

肌内部に長時間留まって、肌の内側から乾燥を防ぐことが出来なければつける意味がないのです。

 

何度も重ねづけをして、保湿力の高い化粧水を使っているにも関わらず、乾燥が和らがないのであれば、使っている化粧水は肌の保水力を高めることが出来ないものなのかもしれません。

 

■肌の保水力の高め方

 

まずは、肌表面のキメを整えることが必要です。肌表面のキメが乱れていると、乱れたキメの間からどんどん水分が蒸発していってしまいます。

 

角質層のキメを整え、水分が逃げてしまわないようにしましょう。それには、肌の代謝を整える優しいクレンジングと洗顔でのお手入れが有効です。

 

肌に負担をかけないもので、優しく不要な角質を取り除いていくことで、肌表面のキメは整えられていきます。

 

次に、肌の内側で水分を蓄える力をつけることを考えましょう。肌内部では、細胞と細胞を繋ぐセラミドによって水分蒸発が防がれています。

 

保水力がない一番の原因はこのセラミド不足です。

 

細胞と細胞をしっかり繋ぐことが出来なければ、入れた水分が細胞の隙間を通ってどんどん蒸発してしまうからです。

 

セラミドが肌に十分にあれば、保水力が上がるだけでなく、肌代謝も整えることが出来るので、乾燥の原因の根本を改善することにも繋がっていきます。

 

口周りの乾燥を改善する化粧水|オススメランキングはコチラ