風呂上りに口周りが乾燥する方へ

■風呂上りの乾燥…どうにかしたい!

 

風呂上りに口周りがつっぱったり、カピカピしたりと、乾燥を感じることがあります。乾燥がひどい人は、乾燥を感じにくい夏場でも風呂上りの乾燥を感じることがあるのです。風呂場は湿度が高いですから乾燥は感じませんが、風呂上がりに乾いた空気に肌が触れることで口周りの違和感を感じてしまいます。

 

■風呂上がりの乾燥の原因

 

・洗い過ぎ
洗顔をするときにゴシゴシと擦ったり、熱いお湯を使ったり、洗浄力強い洗顔料を使ったりすることで、風呂上りの乾燥に拍車がかかります。汚れを落とすことは大切ですが、洗い過ぎや湯温には細心の注意を払いましょう。

 

・肌の水分蒸発
風呂上りの肌に付着している水分が乾くとき、肌内部にある水分まで一緒に蒸発してしまいます。新聞紙が濡れた後、カラカラに乾いて反り返ってしまうのと同じ現象が肌にも起こっているのです。

 

■風呂上がりの乾燥を防ぐには

 

潤いを流してしまわない洗顔方法と、水分蒸発を防ぐ保湿を取り入れると良いでしょう。

 

つけるものにはこだわっていても、洗うものにはこだわりを持たないという人もいます。洗浄力の強い洗顔料や湯温、洗い方を変えなければどれだけ良い基礎化粧品を選んでも効果は半減してしまうのです。

 

潤いを取りすぎない洗顔料で、ぬるま湯を使い擦らず優しく洗いましょう。肌の水分蒸発を防ぐには、濡れたままの肌にオイルを塗るオイル美容がおすすめです。オイルが保護膜となり、水分蒸発を防いでくれ、その後つける化粧水の浸透を良くしてくれます。

 

つける化粧水も水分保持力を高められるものを選ぶとより安心出来るでしょう。

 

乾燥肌を改善する基礎化粧品|オススメランキングはコチラ