口周りとおでこが乾燥する方へ

■口周りとおでこの乾燥

 

口周りを含むUゾーンは多くの方が乾燥を感じる場所、そしておでこと鼻筋周りのTゾーンは、皮脂でギトギトになりやすいという方が多い場所です。

 

しかし最近は、口周りとおでこの両方に乾燥を感じる方も少なくありません。

 

どのようなケアが必要なのでしょうか?

 

■口周りとおでこのケアについて

 

口周りとおでこに乾燥を感じる方は、肌の角質層に「セラミド」という成分が足リていない可能性が高いです。

 

セラミドが減っていると、角質層がバラバラになり、その隙間をぬって肌内部の水分が蒸発しやすく、乾燥肌になります。逆にセラミドがあることで、角質を整える事ができ、肌の保水力を高めることができるのです。

 

ですから乾燥肌を感じている方が基礎化粧品を選ぶ事は、セラミドが入っているかどうかを確認してみましょう。

 

もし、自分が使っている化粧水にセラミドが入っていなければ、一度使うのを辞めて、別のセラミド配合のものを使ってみてください。

 

【関連記事】

 

セラミド配合|肌の乾燥を改善する基礎化粧品ランキング

 

 

 

顔の中で乾燥しやすい場所はどこ?
一般的に顔の中で乾燥しやすい場所は、目の周りと口周り、頬だと言われています。これは、乾燥から肌を守っている皮脂膜が形成されにくいことが原因です。皮脂膜は、皮脂と汗が混じって作られるバリア膜で、皮脂腺が少ない部分は皮脂分泌量が少ないため、皮脂膜が形成されにくいのです。一般的にはおでこや鼻周りのTゾーンと呼ばれる場所は、乾燥を感じにくいとされていますが、おでこの乾燥を感じる人が少なくないのも事実です。
皮脂量の多いおでこが乾燥する原因は?
おでこは乾燥しにくい場所であるが故に、一度乾燥しはじめると治すのが難しい場所でもあります。おでこが乾燥するのは、前髪による刺激やシャンプーなどの刺激による場合がほとんどです。前髪が常に皮膚に触っていると、肌は常に刺激を受けている状態になります。健康な肌状態であれば何ていうことない刺激でも、肌が弱っている場合には乾燥を引き起こす刺激となってしまうのです。洗浄力の強すぎるシャンプーで洗髪していると、おでこの潤いも一緒に奪ってしまうことになります。
おでこの正しい保湿ケアは?
元々皮脂腺の多い場所なので、皮脂膜によって肌が正常に守られる状態にしてあげればおでこの乾燥は感じなくなります。油分の多いこってりとしたクリームやオイルを使ったケアではなくて、浸透力のあるスキンケアを選んで使いましょう。肌内部にしっかり潤いが届けば、乾燥を感じなくなりますよ。