洗顔後に口の周りが突っ張る方へ

■意外と気づけないインナードライ肌

 

普段は皮脂がでやすくテカりが気になるけれど、洗顔後に口周りや頬がつっぱる人はインナードライ肌である可能性が高いです。

 

インナードライ肌とは、肌内部の乾燥が進んでいることにより、皮脂分泌が多くなってしまう肌のことです。

 

皮脂は肌の乾燥を守るために分泌されるものですが、皮脂を分泌した後でも肌の内部が乾燥している事により、皮脂の分泌をコントロールしている自律神経が、まだ肌が乾燥していると勘違いしてしまい、どんどん皮脂を分泌してしまうのです。

 

インナードライ肌の方は、日中は皮脂に悩まされることが多いため、自分が乾燥肌であることに気づきにくいのです。洗顔後のつっぱりを感じる人は、基礎のお手入れの見直しをしなければなりません。

 

■インナードライの原因

 

肌内部の乾燥が進むことが一番の原因です。

 

汗の影響や、紫外線ダメージ、熱すぎるお湯を使っての洗顔、擦り過ぎ、保湿ケアが不十分であることなど、インナードライになる原因は多岐にわたります。

 

生活習慣が原因で起こることが多いため、気づいたときに対策をしておけば、症状はどんどん改善されていきます。

 

基礎化粧品を使っている方も多いと思いますが、現在使っているものが肌に合わなくなってきている場合もあります。インナードライの兆候が表れてきたらそれは、基礎化粧品を見直す時期が来ているのかもしれません。

 

■インナードライ対策

 

・スキンケアによる対策

 

インナードライ肌は、皮脂分泌も多いため洗浄力の強い洗顔料を使う傾向にあります。

 

保湿力のある洗顔に切り替えて、洗顔後すぐの保湿を心がけましょう。

 

化粧水や乳液も、肌表面を潤わせるだけではなく、肌内部の乾燥にまで届くものを選びます。肌内部の乾燥によって皮脂分泌が起こっているので、肌の内側がしっかり保湿されれば、過剰な皮脂分泌を抑えることが出来ます。

 

特に効果的な成分は、セラミドと呼ばれる成分。

 

セラミドは、肌の表面にある角質層の隙間を埋める性質があり、角質層をしっかりと整えます。そうすることで、肌のバリア機能を高めると同時に、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐことができます。

 

つまり、肌の保水力を高める事ができるのです。

 

【関連記事】

セラミド配合で肌の保水力を高める基礎化粧品|オススメランキング

 

・生活習慣対策

 

汗の塩分を肌に残さない、日焼け止めを年中つける、ぬるま湯での洗顔、泡を使って優しく洗う、ストレスを溜めず、睡眠時間を十分にとる。

 

肌の状態は生活習慣にも大きく左右されるので、スキンケアだけに頼るのではなく乾燥の原因となる生活習慣を根本から見直しましょう。

 

特に睡眠時間は重要です。睡眠不足は肌細胞の働きに直接影響しますので、最低でも6時間程度は睡眠時間を取るようにしてください。