口周りの乾燥にはワセリンが効果的

■口周りの乾燥にワセリンって効くの?

 

ワセリンは口周りの乾燥に効果的と言われています。

 

元々リップクリームの元となっていたものなので、たとえ誤って口に入ってしまったとしても、その量が沢山でなければ特に問題はありません。

 

リップクリームよりも保湿力が高いので、カサカサ肌が気になるのであれば、ワセリンを塗ることから始めてみることをおすすめします。

 

【関連記事】

ワセリンだけではダメ!口周りの乾燥を改善する2ステップとは?

 

■ワセリンと相性の良いケアとは?

 

また、それと併用して、基礎化粧品は乾燥肌専用のものを使用するとより効果が上がります。

 

例えば、肌の乾きを潤してくれるようなものなどを選んで、ワセリンを塗る前にこれらの基礎化粧品で保湿しておけば、より高い効果を得ることができます。

 

ワセリンは赤ちゃんの肌に使用されることが多いものです。

 

赤ちゃんでも乾燥しやすい箇所に塗ることができるように、非常に安全性が高いものになっているのが大きな特徴です。

 

そして、塗った後にラップで密閉すると、より高い保湿効果が期待できます。お風呂上りには基礎化粧品をたっぷり塗って、さらにその上からワセリンを塗るようにすれば、よりしっとりとした肌となります。

 

特に口周りは潤いが保ちにくい箇所でもあるので、肌の乾きが気になったら、こまめに化粧水をつけたり、保湿力の高いリップクリームを塗ったりすることで、気になる乾きは改善できるでしょう。

 

このように、ワセリンは確かにお肌の乾燥を防ぐ効果があります。基礎化粧品の保湿ケアと併用してより効果を高めてください。

 

【関連記事】

しっとり肌を実現|人型セラミド配合化粧水ランキング